専業主婦 キャッシング

専業主婦でも銀行のキャッシングなら利用できる制度の仕組みとは?

専業主婦の悩み

旦那に内緒で…と言うと大抵が後ろめたい響きになっていますが、家庭を守りつつも余計な心配をかけないのだって、主婦の努めだと思いませんか?少なくとも私は余計な事を言うくらいなら、まだ黙っている方が良いと思っています。

私は結婚してからは専業主婦として家の事をほぼ全て受け持っています。それが専業主婦として当然のことと言われればそれまでですが、最初にお話した通り精神的にも夫をサポートするなら、こうした気遣いが必要になってくる事も多いのです。

そしてそれはお金に関しても同じでした。子供の病気や夫の小遣いの折り合いで少し家計が苦しいと感じたのでお金を借りようと思ったのですが、ここで専業主婦ならではの問題が発生しました。

そう、現代の借り入れというのは総量規制という制度があり、実質的に収入をもたない人というのはお金が借りられません。最初に言ったような旦那にこっそり内緒で借りて返す事で余計な心配をさせないようにするには、どうしてもこの制約が足枷となりました。

銀行なら総量規制も関係なし

それならいっそ夫に相談して工面してもらうしか…と思っていたのですが、そこで重要な事を知るのです。

お金を融資するキャッシングサービスというのは主に銀行と消費者金融が提供しているのですが、銀行の場合はなんと総量規制対象外なのです。総量規制というのは年収の三分の一までしかお金が借りられないという決まりであり、収入がないという事はそもそも借りられないという事なのですが、銀行のように総量規制対象外なら、それも関係ありません。

実際に銀行系キャッシングの公式サイトを見ていると『主婦の方でもOK!』としている業者が多い事が分かり、私はそうした確認をとってから、専業主婦でも大丈夫なところに申し込みました。

こうして専業主婦である私にもカードキャッシングが作る事が出来たのです。最初こそ無理だと思っていましたが銀行のルールのおかげで自分のカードキャッシングが持てたので、これで全部自分の裁量で使う事ができます。

さらに銀行キャッシングという事で低金利の為、余計な出費が重ならない限りは家計の範囲内で十分返済が継続できます。やりくりに関しても銀行キャッシングというのは、とても助かる存在なのです。

専業主婦の皆さんはお金が借りられないと諦めているかもしれませんが、それは総量規制の対象になっているからです。銀行の場合はその限りではないと是非知ってもらいたいですね。

キャッシングで任意整理しても借入できますか?

キャッシングで任意整理しても、借入はできるのでしょうか?答えは5~7年は無理です。

要は信用情報に黒がついてしまうからです。ブラックというやつです。そもそも任意整理とはなんでしょうか?借入している、金融会社に直談判して、払う金額を負けてもらうのです。

これは個人でやるよりも、専門家、司法書士や弁護士に頼んだ方が無難です。弁護士費用がない場合、(相談だけで、30分6千円くらいはとられます)「法テラス」という安くで、請け負ってくれ、費用も分割で払っていける機関があります。また区役所などに借入金に対する、相談窓口も用意されています。

それらを利用するのもよいでしょう。なぜ、金融会社は、任意整理を受け入れてくれるのでしょうか?それは自己破産されるよりはマシだからです。

任意整理の場合には少しは貸金が回収できる確率がありますが、自己破産をされると、全てが、回収できなくなってしまうからです。任意整理で良い点はいくつかありますが、一番大きいのは、取り立てがストップするということでしょうか。精神的にも、かなり落ち着きますし、それなりに効果は大きいです。

また、借金の総額が減るか、無くなります。任意整理をしなければならない、ということはあなたはキャッシングをしてはならない人間だということを知らねばなりません。

計画的に貸金業者を利用できないあなたは、どんな理由があったにせよ、反省すべき点があるはずです。任意整理をして新しい人生を歩めるといいですね。

残高不足でキャッシングできない?って事がありました

クレジットカードを使っていて、キャッシングで残高不足です、と言われた場合はいったいどういうことなのでしょうか?三パターンの状況が考えられます。

まず、一つ目は「クレジットカードにおけるキャッシングで残高不足」これはクレジットカードを作ったときに、「キャッシング枠」というものを作っているかいないかによります。

キャッシングが出来るように、現金が引き出せる契約にしていれば、その限度額まで引き出すことが可能です。しかし、最初は0円ということが多いのです。この状態で、現金を引き出そうとしても、お金は出てきません。

よって、残高不足ということになるのです。二つ目に「キャッシングにおいて残高不足」という事です。つまり、50万までキャッシング機能があったとして、49万借入し、あと2万引き出そうとした場合、1万が足りないので、残高不足となります。

三つ目は返済時に5000円の引き落としに対して4000円しか口座にない場合、残高不足となります。キャッシング機能のあるクレジットカードを作った場合には一度は聞く言葉で、残高不足と言われるとなんだかドキリとしますが、以上の三点が考えられます。

どれも当てはまらない場合は、クレジットカードの会社に電話など、連絡をとり、現在の契約状況を確認してみるのもよいでしょう。クレジットカードなどのキャッシングは確かに便利ですが、ご利用は計画を立てて、返済できる範囲で行いたいですね。

金融会社から電話があるの?

無担保のキャッシングを行った場合は職場などに、「○○さん(あなた)はいらっしゃいますか?」という在籍確認の電話が入ります。その際は「××キャッシングですが…」や「金融会社の××ですが…」などとは名乗りません。

あくまで「佐藤ですけど…」や「山田ですけど…」などの個人名でかかってきます。在籍確認なので、その場にいなければならないのでしょうか?そのようなことはありません。そこにいなくても、電話を取った人が「○○は只今席を外しております」と一言いってもらえばいいのです。要はその会社にいるか、いないか、嘘ではない、という証拠が欲しいのです。

会社の同僚などは、きっと何かの勧誘か、知人だろうと思うでしょう。キャッシングをしていることを知られたくない人が殆どではないでしょうか。車のローンや、住宅ローンなどは、大きな声で言えても、キャッシングとりわけ消費者金融に借金があることはなるべくなら人に知られたくないのが本音でしょう。

二回目からは在籍確認の電話は入りません。ただ、返済が滞ると、電話がたびたびかかってくることもあるでしょう。まずは返済計画をきちんと立ててから、キャッシングしましょう。ろくに計画も立てずに、借金を重ねると、借金が膨らみ、最悪借金で首が回らなくなります。

キャッシングはあまりにも簡単に現金を手に入れることができるので、とても危険でもあります。「自分は自己管理が出来ない人間だ」との自覚がある人、或いは他人にそう言われる人は、キャッシングをするのはやめておきましょう。

キャッシングで本人死亡の場合は一括返済ですか?

もし、あなたの周りの誰かが亡くなり、借金があったら…。基本的に本人死亡の場合に、相続するのは、動産、不動産、財産、借金などです。

借金は可能であれば、キャッシングした金融会社に電話をして、過払い金などがないかをチェックします。その時に、故人の名前は出してもあなたの名前は出さないように気をつけましょう。あなたの個人情報がしれれば、金融会社から、あなたのもとに、返済の通知が来てしまうからです。できる事なら、代理人つまり弁護士を立てて、交渉することをお勧めします。

まとまった弁護士費用がない、という場合には「法テラス」という機関にて安いお金で、弁護士を雇うことができますし、利用費用も分割などで支払うことが可能です。

それか、相続破棄を行うかです。借金も財産も相続しない、という選択肢です。本人が死亡してから、三か月以内にこの手続きを行えば、借金を返さなくてもよい、ということになります。

基本的には、借財と財産のうち、どちらが金額的に多いかを計算し、借金が多い場合は、相続破棄します。金融庁の新しい法律で、死亡した人の保険金から借金を返すことは禁じられています。

誰かが亡くなることを考えるなんて、不謹慎だ、そう思うかもしれません。しかし、人間一度は死ぬのです。早いか遅いかの違いです。いつ、何が起こるかわかりません。交通事故や急な病などにかかるかもしれません。どんな状況にも対応できるように、知識だけは身に着けておきたいものです。

借金の利用方法とは?!ATMについて

キャッシングの支払い方法には二種類あります。「一回払い」と「リボルビング払い(リボ払い)」があります。一度でまとめて返せればそれに越したことはありません。しかし、少しずつ返したい場合は、リボ払いを使うこともあるでしょう。

リボ払いとは、毎月の支払金額を自分で設定し、生活に無理のない範囲で、返済していく方法です。しかし、返済が終わるまで延々と支払い続けなければならず、「借金をしている」という意識が薄いため、キャッシングを多社に渡り、借入しやすいのです。最後に「こんなに長く払うつもりではなかった」というような後悔に陥りやすいです。

ATMなどは全国に七万台ほどあり、ほぼ日本全国にあるのが実情です。ここで、簡単に現金を手に入れることが出来るため借金地獄にはまっていってしまうのです。可能であれば、銀行などの金融機関を使って借入を行いましょう。無担保では借りられないのですが、保証人を立てるなどして、必ず返済するとの強い意志のもとに、借入しましょう。

どのような形であれ、借金は借金です。借りたものは返すのが当たり前なのです。キャッシングできる消費者金融は今や星の数ほどあり、小さなところも入れると数えることはできません。大手から悪徳業者にいたるまで、様々あります。まずは、大手の審査を受け、それでだめなら、徐々にランクを下げていきましょう。

最初から、審査が簡単な小さな消費者金融で借入してしまうと、後々取り立てなどでいやな目に合うことが多いからです。消費者金融は最後の手段と思い、なるべくなら関わらないようにしましょう。

無担保とは消費者金融のキャッシングのことです

無担保と有担保、どう違うのでしょうか?カードローンの場合は無担保で借りられる場合が殆どです。有担保とは住宅ローンや車のローンなど、担保があるものをいいます。

つまり、返済が滞ったときに代わりに差し出す物品などがある状態を指します。無担保とは消費者金融などのキャッシングの事です。

担保にも色々あり、人的担保は俗にいう「保証人」や「連帯保証人」の事です。無担保で借りられるのは消費者金融ぐらいです。無担保は、有担保に比べ、金利が高く、簡単に借りられる分、払う利息も高くなります。できれば銀行などで融資をお願いする方が賢明でしょう。

有担保をフランス料理のフルコースだとすると、無担保はファーストフードと例えればわかりやすいかもしれませんね。どうしても、急に飲み会が入った、ダメだと思っていた娘とデートできそうだ!懐がさびしいのはカッコ悪い!そう思うこともあるかもしれませんね。

そんな時は、返済計画をきっちり立てて、「これ以上は借りない」など自分でルールを作ってどこまでも、ずるずると借りることのないように自己管理をしながら、キャッシングを利用するのも手かもしれません。

ただ、正直に「今はちょっと金銭的に厳しいので」と言えない人間関係はどうかと思いますが。見栄を張って、手先を使って得たお金は身に着くものではありませんし、自分を追い込んでいく材料にしかなりえません。キャッシング、消費者金融に融資をお願いする時は先々の返済計画を立ててからにしましょう。

外国人でも融資が受けられるキャッシングってホントウなの?

外国人でも消費者金融などで、融資を受けることはできるのでしょうか?これはとても難しいです。

永住権をとっていない、外国人はすぐによその国に逃げることが出来るからです。いつ帰国するかもわかりませんし、二度と日本に帰らないかもしれません。消費者金融会社もトラブルは避けたいので、外国までは追って返済を迫ることが出来ません。

外国に逃げられたら終わりだからです。よく「外国人でも審査します」「外国人でも借入可能」などの広告を見かけますが、あれはどういうことなのでしょうか。実際は、借入することはできないのですが、「外国人でも審査に通るなら自分でも…」という安易な考えを客に持たせるためなのです。

そういう文句を掲げれば集客に繋がりますし、消費者金融も商売ですから、そのようなやりかたもあるのです。
また、外国人が借入できるケースとしては「外国人登録証明書」という書類を持っていれば、借入することが可能なようです。しかし、50万円までが限度で、定職についている、など、日本人と変わらない条件が必要になってきます。

消費者金融会社が一番恐れるのは、「回収不可」なのです。貸した現金が返ってこない、ということが一番困るのです。借りたまま海外に逃げられれば、民事上の争いになるので、警察も介入できません。また逆に帰国しても探しようがないからです。

日本に住んではいるが、日本人と同じ生活をしていないのでしたら、自国の金融機関で借入することをお勧めします。

キャッシングのデメリットとメリットについて教えて!

キャッシングのメリットはそのままデメリットになるのです。どういうことでしょうか?つまり、キャッシングとは無担保で即借入できます。簡単に現金を借りることができます。返済能力が高い、計画性のある人にとっては、キャッシングは便利なシステムです。

しかし、返済能力に乏しい、計画性のない人にとっては、これはデメリットそのものなのです。簡単に現金を借り入れる事ができるということは、借金が次々に膨らんでいくということなのです。よくCMなどで謳われる「ご利用は計画的に」という言葉がありますが、これを実行できない人は、借入すべきではないのです。

とりあえず、カードだけでも作っておこう、いつか急に現金が必要になるかもしれないから!という理由でカードを作ってしまうのも危険です。なぜならば、信用情報として、実際にカードを使っていなくても「借入がある」と判断されてしまうからです。カードは持っているだけで、いざ自分が契約したいカード会社が現れたときに、不利になる恐れがあります。

尚且つ、もし、カードを紛失したり、盗難にあったりして、身に覚えのない請求が来ても、支払い義務はあなたにあるのです。カード会社の規約の多くは「不正使用による借入金額もカードの所持者が払わなければならない」というものがあります。

また、カード所持者のリストに載りますので、勧誘の電話やDMなどが来ることもあります。家族などに知られたくない場合はその旨を、カードを作り審査を通過した後に、カード会社に伝えておきましょう。

借金の申し込みが停止!

クレジットカードの借入の返済が滞るとカードでのキャッシングが使えなくなることがあります。クレジットカードにはキャッシング機能もついているものが多く、それと同時にクレジットカード本来の役割、つまりショッピングで金額を立て替えるという機能もあります。

キャッシング機能が遅延により、止まってしまっても、クレジット機能は使える場合があるので、商品を購入して、現金化することも可能です。しかし危ない橋です。換金できる高額なものばかり買っていると、そのリストもつくられますので、換金されていることがばれてしまいます。

まず、遅延が続いて、借入が出来ない状態になった時点で、信用会社に記録されます。俗にいうブラックリストに載るのです。実際にブラックリストが存在するわけではありませんが、あなたが、ブラックであるという事、つまり借りたお金の返済をしない人間、という情報が信用会社と遅延している会社に残ります。

これは永遠に消えないのです。最悪な例では、就職が決まっても、この信用会社でブラックであることがばれれば、内定を取り消されることもあります。また、一社のキャッシングが止まれば他の会社のキャッシング機能も止まります。

まず、あなたの生活設計を見直してみましょう。本当に借金が必要なのか。キャッシングと言えば聞こえはいいのですが、借金は借金です。借りたものはかえさなければなりませんね。その返すことが出来ないなら、初めから借りるべきではないのです。あなたの信用情報は永遠に消える事がないのですから。

夫が勝手にキャッシングに手を出したのですが。

お金の切れ目が縁の切れ目と申しますが、そのようなケースで離婚する夫婦は沢山います。隠していた借金が発覚した、消費者金融数社から借金をしていた、等。何に使ったか、問い詰めると、「パチンコ」「競馬」などのギャンブルの場合が多いようです。私の周りにもそのような金銭トラブルで離婚した夫婦がいます。浪費壁がある夫は本当に困りますよね。

離婚することが可能なら、離婚することをお勧めします。
もしくは精神科に通わせるなどして根本的な「ギャンブル癖」や「浪費癖」を治してもらうのです。際限なく、お金を借りて、浪費するのは、もはや依存症であり、精神科の出番です。

子どもが小さいため、離婚できないなどの理由がある場合は、金融会社に「今後一切借り入れができない」「ローンも組めない」という「信用情報機関への本人申告制度」というものがあります。これは本人が金融会社などに申告するもので、カードの類を持っていても、新たに借りられないようになっています。

または、夫に「次、借金を作ったら、離婚に同意します」という誓約書を作らせるのも、一つの方法です。口約束でも構いません。契約というのは、双方の合意の有無で決まるので、書類がなくても成立します。

こんなダメな男を選んでしまったのは自分ですから、自分でけりをつけることが望ましいのですが、それが無理なら、間に代理人を立てたり、両親が健在であれば間に入ってもらい、一刻も早く離婚しましょう。延々と借金返済に苦しい思いをさせられることはないのです。逃げだすのも、一つの方法なのですから。